妊婦さんの為の知識

妊婦のトラブル

風邪

妊婦さんは、もしも妊娠中に風邪を引いてしまうと、むやみに薬は飲めません。頭痛などは辛いかもしれないのですが、やはり鎮痛剤や解熱剤はあまりむやみに使わないほうがいいとされています。

ですから、そもそも風邪をひかないような食事にしてあげて、しっかりと身体に抵抗力をつけてあげるというのが目標ですね。そのほか、手洗いやうがいも効果的です。案が油断は出来ないのですが、油断などが原因で、風邪をひかないようにしましょう。規則正しい生活を送ってあげるのがポイントですね。

妊娠中は抵抗力が落ちてしまいますので、普段は風邪をひきにくいといった人でも、睡眠不足であったり、生活習慣が乱れてしまっていると、普段は風邪を引きにくいといった人でも、風邪をひいてしまうことがあるのです。もしも風邪を引いてしまったら、栄養のあるものをたくさん食べて、よく寝るということが大切です。

薬でも、葛根湯のような弱いものを使うといいでしょう。普通の医薬品をどうしても使わなければいけないときに関しては、医師にそうだんしてみるといいでしょう。風邪は、甘く見ていると思わぬ病気に繋がってしまいかねません。特に、妊娠前の重要な時期においては、小さな病気の治療もしっかりと行うべきなのです。

治療をしっかりとしなかったばっかりに、可能性は低いにしても、もしものことがあったらどうしますか?悲しい思いをしないためにも、病気にはならないようにしてあげましょう。

スポンサードリンク

妊婦の基礎知識

妊婦の基礎知識

妊婦のトラブル

妊婦のトラブル

妊婦のダイエット

妊婦のダイエット
Copyright (C) 妊婦さんの為の知識 All Rights Reserved