妊婦さんの為の知識

妊婦のトラブル

貧血

大体妊婦は妊娠5ヶ月くらいから多くの人が貧血を起こすようになります。これは、赤ちゃんが大きくなるにしたがって、赤ちゃんに運ぶべき酸素が増えてくるために赤血球が増加します。それにもかかわらず赤血球の数はそれほど増えないというわけですね。

赤血球で酸素を運ぶ役割を持っているヘモグロビンは、鉄が不足してしまうとうまく生産されません。妊婦さんのほとんどは、鉄分が不足していることが原因である貧血であることも、このことを裏付けるものです。

妊娠中の貧血は、動機、めまい、息切れ、頭痛など症状が出るとともに、赤ちゃんの発育にも障害が出ることがあるとされています。また、微弱陣痛の原因にもなるようです。太りすぎを心配して栄養不足になったときにも、やはり貧血が起こる危険性があります。

貧血の予防と対策についてですが、これはほとんどが鉄とたんぱく質で作られるヘモグロビンが足りないことが原因になっています。このことから、鉄分やたんぱく質をはじめとした、栄養がたっぷりと詰まった料理を食べるといいでしょう。それから、葉酸が不足しても貧血になりやすいということが知られています。

貧血の症状がもしもひどいときには、すぐに病院に行って、適切な処置をしてもらうように心がけましょう。たかが貧血といっても、侮ってはいけません。例えば、意識を急に失って倒れたときにお腹を強打したりしたら、と思うとぞっとしますよね。油断はしないようにしましょうね。

スポンサードリンク

妊婦の基礎知識

妊婦の基礎知識

妊婦のトラブル

妊婦のトラブル

妊婦のダイエット

妊婦のダイエット
Copyright (C) 妊婦さんの為の知識 All Rights Reserved