妊婦さんの為の知識

妊婦のトラブル

水疱瘡やおたふく風邪

すでに子供がいる妊婦さんの場合、子供から水疱瘡やおたふく風邪を貰うということがあると思います。非常に困ったものなのですが、基本的には子供の病気については過去に自分もかかったことがあるという背景から、免疫を持っていることがほとんどですので、ほぼ問題はないと尾漏れますが、そうでない場合は、感染してしまうとやっかいなことになってしまいます。

まずは、おたふく風邪の場合ですが、妊娠初期に感染してしまうと、自然流産する可能性が高くなってしまいます。ただし、安定期以降であれば、それほど心配しなくても大丈夫ということです。

そして、水疱瘡の場合も、妊娠初期にかかると胎児に対してはかなり影響が出ることもあると思います。主にこれらの病気は免疫を持っていなければ感染を防ぐことはできませんので、妊娠する前などに予防接種を受けているのかどうかを確かめてみてはどうでしょうか。

妊娠中に予防接種を打つと、どうしてもその症状が赤ちゃんに影響してくるかもしれませんからね。とにかく、妊娠初期にはいろいろな病気に対して気を使ってあげないといけません。妊娠中は抵抗力が弱まっているということですので、最低限、普段から抵抗力を高めることが出来るように、食べるものはしっかりと食べる、早寝早起きなどの生活習慣の改善を進めていくのがいいのではないかと思います。

これから命を授かることになる自分の子供なのですから、大事にしてあげられるようにしてくださいね。

スポンサードリンク

妊婦の基礎知識

妊婦の基礎知識

妊婦のトラブル

妊婦のトラブル

妊婦のダイエット

妊婦のダイエット
Copyright (C) 妊婦さんの為の知識 All Rights Reserved