妊婦さんの為の知識

妊婦のトラブル

妊娠中の場合は、痔も悪化しやすくなります。もともとは女性は痔になりやすい性質を持っているのですが、妊娠をきっかけにお腹の重みによって、肛門の血行が悪くなってしまったり、便秘になりやすいといったことも関係して、痔を悪化させてしまうようです。

出産時には、赤ちゃんを押し出すくらいの内圧なので、内痔が出てしまうといったこともあります。中には、出産の痛さよりも痔の方が痛かったという人もいるくらいです。痔の辛さは、なったものにしかわからないものがあります。

ですので、出産を控える女性は、もしも痔を持っているのであれば、すぐに治したほうがいいと思われます。痔の予防についてですが、まず妊娠中は薬をなるべく使わないほうがいいとされています。ですから、痔をなおすのも厄介なのです。

まずは、予防としては便秘になりにくい食生活をするように心がけてみましょう。便秘は、痔を悪化させますので、食物繊維が多く含まれる食べ物などを食べてもいいと思います。それから、ビタミンをはじめとする栄養バランスが崩れてしまうと痔になりやすいといいます。このような場合も食生活を見直すべきだと思います。

そして、痔になってしまった場合ですが、医師と相談をしながら薬の使用量に気をつけたいところです。薬の使用そのものは、安定期に入ればあまり問題はないようで。後妊娠中の手術はさけましょうね。どうしても痔の手術をしたいのであれば、妊娠前か出産後におこなうようにしましょう。

スポンサードリンク

妊婦の基礎知識

妊婦の基礎知識

妊婦のトラブル

妊婦のトラブル

妊婦のダイエット

妊婦のダイエット
Copyright (C) 妊婦さんの為の知識 All Rights Reserved