妊婦さんの為の知識

妊婦のトラブル

花粉症のリスク

妊娠中の妊婦さんは、出来る限り薬は服用しない、ということが一般的に鉄則かされているのですが、実際に薬を飲むことによって害が出ることはそれほど多いものではありません。

万が一のことがある、といっても、病気そのものを放っておくことでリスクが高くなることもあるのです。花粉症といっても、薬が飲めないことで、あまりに辛いために中絶を希望する人もいるくらいなのです。花粉症の治療に使われる抗ヒスタミン剤は、長年妊婦に投与されて、副作用の報告もなされていないといいます。

ですから、必要に応じて使用することが望ましいという医師も徐々にではありますが増えてきています。レーザー治療などでも、外科的な措置については安定期以降であれば、特に問題はないと言われています。花粉症は、かかった人にしかわからない辛さというものがあります。

もしも、我慢が出来ないようであれば、医師とよく相談をした上で、解決策はどういったものがいいか、ということを考えてみましょう。当然、花粉症だけでなく、全ての病気にいえることですが、しっかりと治療に対するリスクは理解しておいたほうがいいでしょう。

そもそも、病気にかからなければこういったことも気にしなくてもいいと思うのですが、花粉症の場合は、なりたくなくてもなってしまうタイプの病気ですから、その辺りはどうすることもできませんね。治療をするにしてもしないにしても、気長に付き合っていかなければいけない病気であることは間違いありません。

スポンサードリンク

妊婦の基礎知識

妊婦の基礎知識

妊婦のトラブル

妊婦のトラブル

妊婦のダイエット

妊婦のダイエット
Copyright (C) 妊婦さんの為の知識 All Rights Reserved