妊婦さんの為の知識

妊婦のトラブル

インフルエンザについて

妊娠中にインフルエンザになってしまうと、強い薬は使えませんので大変なことになってしまいます。それでは、インフルエンザの予防接種は可能なのでしょうか。これは、日本ではあまり勧められることではありません。

しかし、アメリカなどでは、妊婦さんの予防接種は当たり前のように行われるレベルのものなのです。そして、近年では、予防接種を積極的に勧めてくる医師もいるくらいなのです。実は、予防接種を受けたからといって、胎児に影響がることはほとんどないようなのです。

特に、もともと身体が弱いという方は、予防接種を受けておいたほうがいいと思います。また、日本医師会の考え方について要約をさせてもらいました。妊婦は接種不適当者には含まれていませんが、国内での調査成績がまだ十分に集積されていないので、現段階ではワクチンによって得られる利益が危険性を上回るという認識が得られた場合にワクチンを接種するとされています。ただし、妊娠初期は避けます。

そして、米国疾病管理センターの考え方ですが、妊娠のごく初期(妊娠13週前後までを)を除き行うのが望ましい。ということです。これだけ見てみても、アメリカと日本においては、予防接種に対する考え方はかなり違っています。

どちらを信用するのは自由ですが、アメリカは医療大国とも言われていますし、信じても間違いは無いと思います。もちろん、日本の技術もゆっくりと頭に入れてください。それだけで何かあったときに冷静に動けるでしょう。

スポンサードリンク

妊婦の基礎知識

妊婦の基礎知識

妊婦のトラブル

妊婦のトラブル

妊婦のダイエット

妊婦のダイエット
Copyright (C) 妊婦さんの為の知識 All Rights Reserved