妊婦さんの為の知識

妊婦の基礎知識

薬について

妊娠中は薬の服用に注意しなければいけません。もっとも大切なことは、妊娠中であることを医師に告げることで、リスクのある治療、薬を服用することを避けることなのです。妊婦さんが下手に薬を飲むということは、身体の中にいるあかちゃんに大きな影響を与えてしまうことがあるのです。

また、リスクのなさそうなサプリメントにも注意する必要があります。これは、余分な栄養を摂ることを避けるためです。薬の投与の考え方としては、治療上の有益性が危険性を上回ると判断された場合にのみ投与すること、とされています。

といっても、実際に薬が及ぼす影響は非常に少ないものですので、薬を投与されたからといっても、それほど悲観的になる必要はありません。まず、胃腸薬や風邪薬ですが、これは問題は無いのですが、必要以上に飲むのはやめておきましょう。

それから、目薬ですが、これ自体も問題はありません。それから、塗り薬ですが、これも問題はありません。基本的には特殊な成分の塗り薬であれば問題はありません。そして、便秘薬ですが、胎児への影響はありません。しかし、早産や流産のリスクはほんの少しはありますので注意しておきましょう。

最後に、鎮痛剤や解熱剤ですが、アスピリンが含まれている場合はあまりよくありません。使用したいのであれば、医師に相談しなければいけません。薬は、本来身体にとっては異物になるわけですが、この異物がいい方向に働くか、悪い方向に働くかということは、まだはっきりとはわかっていません。

スポンサードリンク

妊婦の基礎知識

妊婦の基礎知識

妊婦のトラブル

妊婦のトラブル

妊婦のダイエット

妊婦のダイエット
Copyright (C) 妊婦さんの為の知識 All Rights Reserved