妊婦さんの為の知識

妊婦の基礎知識

妊婦線対策

妊婦線というものは、妊娠中にお腹が急激に大きくなってしまい、皮下組織が割れてしまい、地割れのような赤い線が模様みたいについてしまう病気です。時間の経過によって白くなりますが、でこぼこもあって、なかなか見た目もよくありません。

この妊娠線は、主にお腹に出来ます。しかし、お尻やふともも、乳房にも発生することがあるのです。大体、妊娠7ヶ月を過ぎた辺りから、お腹は明らかに大きくなっていくのですが、これくらいの時期から主に妊娠線のリスクが高まってしまいます。

妊婦の場合であれば、7割は妊娠線が現れるということですが、特にもともとからだの小さい女性であったり、ふたごの女性であれば、やはり妊娠線が出やすい傾向にありますよ。妊娠は、肉割れと同じくらいに地割れみたいなものなので、太りすぎで皮膚が張っている、急激な力が皮膚に加えられたときに出来てしまいます。

対処法としては、肌に柔軟性を持たせる、急激な体重増加を避けるようにするといったことが予防に必要です。一度出来てしまうと修復が出来ませんから、予防することが重要になります。保湿クリームなどで、乾燥を避けて、マッサージをしてあげることが重要です。

それから、バランスの良い食事で急激に太らないようにマッサージを心がけてみましょう。また、妊娠線を予防することが出来るクリームも市販差荒れているわけです。見た目としては非常に苦しいものになると思いますので、出来たら避けられるようにしてほしいものですね。

スポンサードリンク

妊婦の基礎知識

妊婦の基礎知識

妊婦のトラブル

妊婦のトラブル

妊婦のダイエット

妊婦のダイエット
Copyright (C) 妊婦さんの為の知識 All Rights Reserved