妊婦さんの為の知識

妊婦の基礎知識

妊娠中の病気

妊娠中にはいろいろな病気があります。妊婦が健康であることがまずは第一ですので、病気そのものを避ける必要があると思いますが、特に注意するべき病気について考えて見ましょう。

まずは、妊娠中毒症です。これは妊娠後期に大体1割くらいの人に見られる病気です。この正式名所は、妊娠高血圧症候群といわれています。症状としては、高血圧、尿たんぱくが出ます。妊娠後に太りすぎると、妊娠中毒症のリスクが高まるといわれています。

それから、妊娠糖尿病です。妊娠時に糖尿病になってしまうことがあり、これは妊娠糖尿病といいます。こうなってしまう背景には、妊娠前から糖尿予備軍だった可能性があります。妊娠中は、胎盤からのホルモンの影響によって、血糖値が下がりにくくなります。それによって、糖尿病が引き起こされるようです。

この症状は、出産後に改善されるというケースが多いのですが、将来的には糖尿病を再発するリスクは高まってしまいます。それに、虫歯や歯の健康も害される恐れがあります。妊娠中は、唾液が酸性になりやすいです。更に、酸性のものを好むようになりますので、虫歯になりやすくなります。

つわりの時期などに歯を磨かないとか磨き忘れといったことも原因のひとつになります。歯周病も月経時になりやすいのと同じように発症しやすくなってしまいます。実際に歯の治療をする際には、妊娠していることを歯科医師に告げるようにしましょう。産婦人科の医師にも相談するといいでしょう。

スポンサードリンク

妊婦の基礎知識

妊婦の基礎知識

妊婦のトラブル

妊婦のトラブル

妊婦のダイエット

妊婦のダイエット
Copyright (C) 妊婦さんの為の知識 All Rights Reserved