妊婦さんの為の知識

妊婦の基礎知識

体重管理の重要性

妊娠後につわりが改善されるという時期に食欲が出てくるようになるのが一般的なところです。この頃から、ついつい食べすぎてしまうことが多くなります。太りすぎは絶対にいけませんが、痩せすぎもよくありません。

ですから、栄養バランスを考えた適切な食事が大切になります。太りすぎの場合であれば、いろいろなリスクやデメリットが出てきます。まずは、妊娠中毒症のリスクが高くなります。そして、妊娠糖尿病のリスクも高くなります。それから、産道に脂肪が付きすぎてしまうことにより、難産のリスクが高くなってしまいます。

そして、子宮収縮が弱まってしまい、出産が長引くことがあります。また、ひざの痛み、腰の痛みが出やすくなるといったところです。妊娠中は、人によっては本当にびっくりするくらいに食欲が旺盛になってしまうことが多いです。

すでに太ってしまっているからこれ以上太っても同じだと思うかもしれませんが、妊娠して太るのは必要だから太っているわけであって、決して意味も無く太っているわけではありません。少なくとも出産の準備を身体がしているだけですから、嘆く必要はありません。重要なところとしては、妊娠時に太った身体を主さんまでしっかりと維持することが大切なのです。

ですから、日ごろからの体重管理は非常に重要になってくるのですね。食べることは問題はありません。問題は、その後に身体をしっかりと動かして、太りすぎに対するリスクを下げることが出来るかどうかになります。

スポンサードリンク

妊婦の基礎知識

妊婦の基礎知識

妊婦のトラブル

妊婦のトラブル

妊婦のダイエット

妊婦のダイエット
Copyright (C) 妊婦さんの為の知識 All Rights Reserved