妊婦さんの為の知識

妊婦の基礎知識

食事

妊娠中における妊婦さんの食事は、赤ちゃんの発育に影響してきます。そして、妊娠中毒症といった症状とも関連してきますので、注意しなければなりません。妊娠中、特につわりの時期においては、食欲があったりなかったり、味覚の変化であったり、においに敏感になったりなど、いろいろな変化が身体に起こります。

このような時は、好き嫌いなども増えたりするのですが、こういう時だからこそ、食事は適切な量、栄養バランスがしっかりと取れた食事をすることを心がけるのが大切なのです。食事の目安としては、年齢、体格によって変わるのですが、通常の摂取カロリーに350キロカロリー足したものが目安とされています。

例えば、若い女性の場合であれば、標準値として1800と350を足した、2150キロカロリーが必要になります。食事において気をつけておきたいところは、ホルモンの関係で太りやすくなるため、食べすぎを防ぐことです。

標準的な体系の人であれば、妊娠中に増える体重は7キロから10キロくらいが理想とされています。なので、1週間で500グラム以上太らないようにすることが大切です。あまり太ってしまうと妊娠中毒症になってしまったり、難産のリスクが高くなってしまいます。

また、妊娠線も出来やすくなってしまい、出産後には元の体系に戻すことが難しくなります。食事ひとつとっても、母子共に元気であるためには重要なことですので、きちんとするようにしましょう。

スポンサードリンク

妊婦の基礎知識

妊婦の基礎知識

妊婦のトラブル

妊婦のトラブル

妊婦のダイエット

妊婦のダイエット
Copyright (C) 妊婦さんの為の知識 All Rights Reserved