妊婦さんの為の知識

妊婦の基礎知識

気をつけるべき食べ物

妊婦さんが気をつけておきたい食べ物には、赤ちゃんの発育に必要となる栄養素をきちんと摂るということです。最優先させておきたいものとしては、身体を作るたんぱく質やカルシウムです。

たんぱく質は肉や魚、豆腐などに多く含まれます。カルシウムは小魚や乳製品に多く含まれています。妊娠中期においては、貧血を起こしやすくなってしまいますので、鉄分を摂取することが大切になります。鉄分はレバーなどに多く含まれています。

レバーは好き嫌いが激しい食事ですので、無理であれば鉄分を多く含んでいる牛乳などを飲むといいと思います。また、ビタミン類も不足してしまいがちですので、野菜や果物からしっかりと摂ることも忘れないようにしましょう。それから、塩分や糖分の摂りすぎもよくありません。

塩分は妊娠中毒症のリスクが高くなってしまうといいます。それに糖分は糖尿病の原因にもなってしまいます。これらのリスクを回避するために、薄味で健康的な食生活をするように心がけてみましょう。特に、それまで食生活があまりしっかりしていなかった人は、好きなものばかり食べていたりすることも多かったと思います。

しかし、妊娠中はそうは言っていられません。しっかりと栄養素を考えて食べ物を摂取するようにしましょう。カロリーにも気をつけてあげることが大切です。元気な赤ちゃんを産むためにも、ほんの数ヶ月でいいので、その間くらいは我慢しておくことが非常に大切なことになります。

スポンサードリンク

妊婦の基礎知識

妊婦の基礎知識

妊婦のトラブル

妊婦のトラブル

妊婦のダイエット

妊婦のダイエット
Copyright (C) 妊婦さんの為の知識 All Rights Reserved